宮城県仙台市の株式会社みずほ工務店は、新築注文住宅・リフォーム等家に関する専門店です。青森ひば(青森ヒバ)の香りで、抗菌・殺菌・シロアリ対策等の効果!

記事一覧

祝 北海道新幹線開業

今月は仙台市内で上棟させていただく現場があり、おかげさまで慌ただしく過ごさせていただきました。気が付けば年度末です。

そんな中、今月26日に「北海道新幹線」開業しました。青森ひばのふるさと津軽半島にも奥津軽いまべつ駅が開業です。まさに青森ひばは、奥津軽で成木します。(新幹線の工事計画が行われるずっと前から…)

そんな津軽半島を含む青森県にはたくさんの見どころがあります。
北海道新幹線を通じて青森の魅力が伝わると嬉しいです。

ファイル 149-2.jpg ファイル 149-3.jpg
▲(太宰治記念館と岩木山)

お祈り申し上げます。

「その出来事って震災の前だったけ?」日常生活や仕事上でよく出る会話です。東日本大震災から丸5年の歳月が過ぎました。時の早さを感じるのは人それぞれですが、自宅が津波被害に遭いなおかつ住宅の仕事にに関わっている私自身は時の流れに早さを感じます。

震災直後は工事面や生活面において、いろいろなことがありました。あれから5年。当時の行動を鮮明に覚えております。
一日でも早い復興を願っております。被災されてすべての皆様にお見舞い申し上げます。

お見積書作成にあたり

本日3月3日は弊社の創立記念の日にあたります。今まで多くの皆様の支えがあり現在に至っております。改めて感謝申し上げます。
(ちなみに31年目を迎えました。)

創立当初とは時代は大きく変化しましたが、家づくりに臨む気持ちは当時のままです。今春から仙台市内で新築工事を行わせていただいております。
お客様のご意向を取り入れて始める新築工事は、全くのゼロからのスタートです。土地の形やお客様の家族構成・ライフスタイルなどなどすべて異なります。(当たり前のことです。)
だから同じ図面はありません。それがゆえにお見積りの作成にも多少時間が掛かります。

ファイル 147-2.jpg
▲ 見積書はファイル化になってしまいます。

住宅業界は非常に裾が広い業種です。極端な話ですが「釘」一本から関わってくる話になります。「一式」という表現をできるだけ使わず可能な限り本数や枚数を提示していきたいと考えます。

お願いとお知らせ

いつも弊社にお問い合わせのご連絡をいただき大変ありがとうございます。
弊社へのご連絡に際しお願いがございます。特殊詐欺事件の被害が少なくない昨今ですが、個人宅だけでなく弊社のような会社にまで不審な連絡があります。被害に遭わぬよう弊社の電話は『ナンバーディスプレー設定』を行っております。初めてお掛けになる方に戸惑いがあるかもしれませんが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

壁の有効活用

まだまだ寒い日が続きますが、だんだんと日中の日が長くなり着実に春に向かっているような気がします。春先に向けて、新築やリフォームをお考えの方もおられることと思います。

家を新築する際、決められて予算の範囲内で最大限に有効に活用したいとお考えの方もいるかと思われます。ちょっとしたことですが何らかのご参考になれれば幸いです。有効する箇所は『壁』です。
実は壁には有効に使えるスペースが眠っています。

ファイル 145-2.jpg ファイル 145-3.jpg

ちょっとした飾り置き場または収納スペース。そして階段の手すりなどにも活用することが可能です。
ご注意いただきたいのが、構造上筋交いが入っている部分があるので、事前に建築士さんとよく相談の上施工してもらうことが大切です。

寒さ対策

早いもので2月に入りました。明日は立春。寒さのピークはここ数日といったところでしょうか?

先週は寒さや雪の影響でさまざまなメンテナンスの依頼がありました。お客様にはご不便をおかけしましてすみませんでした。
その中で、暖房器具(エアコン)の不具合が多く寄せられました。
原因は室外機に付着した「霜」でした。大半のエアコンには室外機に霜の付着を防ぐ「霜取り運転」といった機能がついています。
しかしながら日の当たらない冷たい風が抜ける場所に室外機を設けると、室外機の側に霜が付着して、運転を妨げるケースがあるそうです。

ファイル 144-2.jpg

予防としては、室外機を囲むフードを設けることがベストですが、
電気やさんにに聞いたところ、両サイドに段ボールを貼ることも有効とのことでした。

もう少し寒さが続くようですので住宅設備機器の管理等にお気をつけください。

木は室内の断熱材

「暖冬」と言われていましたが、やはり大寒を迎えると厳しい寒さの日が続く仙台です。(この寒さが普通なのかもしれませんが)
皆様のお宅の住宅設備機器は大丈夫でしょうか?

以前、冬場の寒い時期にOB様宅を訪問した際のお話です。
私「寒い日が続いていますが、冬場の居心地はいかがですか?」
お客様「反射式の石油ストーブ1台で十分です。」
私「反射式の石油ストーブ1台だけですか?」
お客様「はい」
私「・・・」

確かに日当たりのよいリビングなのですが、特別に性能の優れている断熱材やサッシを取り入れたわけでもありません。
室内をふんだんに「木」を取り入れたことが温かさを増した原因なのかもしれません。

ファイル 143-2.jpg
▲ 木は断熱の役割を果たします。

雪山の中にあるロッジは、なんとなく温かいイメージがあります。
人の五感にある「視覚」は木に対して温かみを連想させてくれます。実際も木は私たちを温かく包んでくれてます。
心も体も温かくなったOB様宅の訪問でした。

大切にしたいもの

仙台は雪が舞う土曜日の朝です。今年は全国的に暖冬かもしれませんが、やはり冬らしい雪を体験しないとなんだか安心しません。

お正月もあっという間に過ぎ去りました。今年は北海道新幹線の開業の年で、青森ひばが多く育つ津軽半島にも奥津軽いまべつ駅が開業することで津軽地方の観光に期待がかかります。
(多くの皆様が青森ひばに接してもらえれば嬉しい限りです。)
そんな中、新幹線が青函トンネルを通るためいままで走ってきた夜行列車が廃止になることを知りました。なんだか『旅情』までも去っていくようで寂しい気持ちにさせられます。
便利になることはいいのですが、失うものが大きく感じます。

家も同様で生活のスタイルの変化からか次々と快適な住居が増えてきいるのが現状です。
畳業者様からは、「最近の住宅は和室がない家が多くなってきている。」大工さんからは、「床の間を設けない家が殆どです。」などといった声を耳にします。お客様の生活スタイルなので現在の住宅事情(家づくり)を否定するつもりは全くありません。

ファイル 142-2.jpg

ただ、和室に床の間がある家を訪問するとなんだか気持ちが落ち着く気がします。(古い人間なのかもしれません・・・)
家にある無駄かと思われる箇所にもそれぞれの役目があることを頭に入れ家づくりに臨みたいと思います。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2016年が始まりました。旧年中は大変お世話になりました。本年も昨年同様にご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

本日より業務を行っております。本年も多くの皆様方と出会い、そしてたくさんのことを教えていただければ幸いです。
改めまして本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年も一年お世話になりました。

今年中に仕上げる工事などが重なり、気が付けば今年もあと数日となっていました。時間が経つのは本当に早いものです。

今年も多くの皆様からお仕事のご依頼をいただき、そしてお客様や現場に携わる職人の方々から多くのことを教えていただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。来年も「青森ひば」を通じて皆様のお役に立てるような家づくりに臨みたいと考えております。重ねてのご挨拶になりますが、今年も大変お世話になりありがとうございました。皆様にとって来年も良い年であるようにご祈念いたします。