宮城県仙台市の株式会社みずほ工務店は、新築注文住宅・リフォーム等家に関する専門店です。青森ひば(青森ヒバ)の香りで、抗菌・殺菌・シロアリ対策等の効果!

記事一覧

最大限に備える。

今年の仙台は、カラ梅雨どころか入梅しないのでしょうか?雨の量が極端に少ないとむしろ心配になります。現場を抱えていると後でまとめて降られるのも非常に困ります。

6月も下旬に差し掛かりましたが、宮城県の6月といえばやはり『地震』を連想します。宮城県沖地震や岩手宮城内陸地震では大きな被害を受け、そのたびに建築に関わる法規が見直されました。

先日とある現場の調査に行きました。その現場は仙台市の住宅街で
道路面にはブロック塀が高く積まれていました。幸いにも東日本大震災では崩れることはなく現在に至っていますが、非常に危険な状況だと感じたので家主さんにはブロックの撤去を強く勧めてきました。今現在ブロック塀が崩れるといった問題が起きていないのでいいのですが、やはり何か事故が起きてからでは取り返しのつかないことにつながります。特に人命に関わると大問題です。

ファイル 122-2.jpg
▲ ブロック塀を支える鉄筋は弱くなります。

仙台に限らず地震は全国で発生します。それが故にブロック塀は社会問題といっても大袈裟ではないかと思われます。
大切なことは、家を取り巻く環境は住む家族だけでなく、家の周囲を通行する人にも関わってくるということです。
そのためにも、あらゆる方面で最大限に備えることは大切です。

過去の地震を体験した6月。
訪問先の現場で思ったことは概ねこんなことでした。