宮城県仙台市の株式会社みずほ工務店は、新築注文住宅・リフォーム等家に関する専門店です。青森ひば(青森ヒバ)の香りで、抗菌・殺菌・シロアリ対策等の効果!

記事一覧

自分スタイルに・・・

雨の日が続く仙台です。現場の工程がなかなか思うように進みません。晴れの日を期待します。

以前に改装工事を行った際、「青森ひば」のフリー板で収納棚とテーブルをシンプルな仕上げで造作しました。

ファイル 180-1.jpg ファイル 180-4.jpg

家具は出来上がったモノを買うのではなく、このように造作することが可能です。自分らしさを求める方へはお勧めかもしれません。

エクステリアにも「青森ひば

梅雨入りしている仙台。雨の日が続くと現場の進捗が大きく左右されます。この時期は天気予報が特に気になります。

あっという間に6月が去ろうとしてますが、今月は青森ひばを使用したエクステリア工事を行いました。具体的に言うと「木塀」を青森ひばで造ってみました。

ファイル 156-2.jpg ファイル 156-3.jpg
▲青森ひばの板を貼っていきます。

和風住宅のイメージに合わせるために、弊社の提案をお客様が受け入れてくれました。青森の工場より青森ひば材を仙台の材木店に搬入してもらい、そこで特殊な塗料を塗り現場で施工。という流れで完成に至りました。現場宅周辺を通るだけで青森ひばの香りがします。

壁の有効活用

まだまだ寒い日が続きますが、だんだんと日中の日が長くなり着実に春に向かっているような気がします。春先に向けて、新築やリフォームをお考えの方もおられることと思います。

家を新築する際、決められて予算の範囲内で最大限に有効に活用したいとお考えの方もいるかと思われます。ちょっとしたことですが何らかのご参考になれれば幸いです。有効する箇所は『壁』です。
実は壁には有効に使えるスペースが眠っています。

ファイル 145-2.jpg ファイル 145-3.jpg

ちょっとした飾り置き場または収納スペース。そして階段の手すりなどにも活用することが可能です。
ご注意いただきたいのが、構造上筋交いが入っている部分があるので、事前に建築士さんとよく相談の上施工してもらうことが大切です。

施工事例 水廻り編

家庭内においても介護が必要とされる時代です。介護に関わる事例の紹介です。

ファイル 129-2.jpg
▲洗面脱衣室にベンチを設けました。

ファイル 129-3.jpg
▲多目的トイレ(トイレ内にもベンチ設置)

ファイル 129-4.jpg
▲青森ひばの床材
 水廻りのカビを防ぎます。

壁の中の収納

あっという間に7月を迎えました。そろそろ子供たちは夏休みを迎えるころですね。
さて、6月を振り返ると「白あり食害」の工事から始まり、その間リフォームや新築の提案及びお見積りを提出させていただいた一か月でした。(時間が経つのが早く感じます。)

現場視察に伴い、お宅に上がらせていただくことがありますが、その際に話題に挙がるのが「収納」のお話です。
実は壁の中には、驚くほどの収納スペースが眠っています。壁の断熱工法により、棚やちょっとした小物を置くスペースが生まれます。もちろん本棚としての活用も可能です。

ファイル 124-2.jpg ファイル 124-3.jpg
▲本棚としての活用例

余分な家具が減るのですっきりとしたインテリアデザインが可能になります。

残材を活用した収納棚

仙台市内はめっきりと秋めいてきました。
この時期は台風の心配もありますが、工事しやすい気候です。

リフォーム工事を現在行っておりますが、リフォーム工事はお客様の生活と同時進行に行うため、お客様にはご心労をお掛けしております。工事の段取りをよく、そしてお客様の「不便さ」を少しでも解消したいと心がけております。

新築やリフォームにおいて使用する材料は、無駄に使えません。
特に弊社において使用する「青森ヒバ」は、捨てるところが殆どありません。

ファイル 83-1.jpg
▲ 「青森ヒバ」の室内材。
  サッシの額縁などとして用います。

工事を行う箇所の寸法はまちまちなため、当然材料をカットすることもあります。
そこで、カットされた木材(青森ヒバ)を収納棚として活用することが可能です。

ファイル 83-2.jpg
ファイル 83-3.jpg
ファイル 83-4.jpg

カビに強い「青森ヒバ」だから、水廻りの収納棚には適しています。お客様の不便さの解消に少しでも「青森ヒバ」が役立っていただければ、こちら側としてもとても嬉しいです。

施工例 ~リビング編~

夏休みに入り一度にたくさんの訪問客や子供たちが集まる機会があるかと思います。
人の集うリビングの施工事例の紹介です。

ファイル 75-1.jpg
▲集成材を活用した広いリビング。梁の中間に柱や壁が不要です。
 奥様方の顔の見える会話が弾みそうです。
ファイル 75-2.jpg
▲香るリビング。木質化を取り入れました。室内で飼われるペット に適している仕様です。
ファイル 75-3.jpg 
▲リビングに接している和室。
ファイル 75-4.jpg 
▲リビング内にある階段。お子様の行動が確認できます。
ファイル 75-5.jpg
▲番外編:リビングから見上げる吹き抜け。夜空も楽しめます。

収納棚

収納棚の施工例です。
コンパクトな棚は、現場で余った「青森ひば」の端材で造作することが可能です。
右下の写真は家事室に設けた棚です。
(女性にも趣味に没頭できる部屋が必要です。)

ファイル 64-1.jpg ファイル 64-2.jpg
ファイル 64-3.jpg ファイル 64-4.jpg
 

遊び心のアール

一部施工中の写真もありますが、「遊び心のアール」。
ご参考までに…

ファイル 63-1.jpg ファイル 63-2.jpg
▲玄関ポーチと玄関飾り棚

ファイル 63-3.jpg ファイル 63-4.jpg
▲最近は床の間を設ける家が少なくなりました。
 トイレの棚は、玄関上框の残りを活用したものです。

ファイル 63-5.jpg
▲番外編 階段手すり
 スリット式なので、子供たちのお店屋さんごっこに活用されています。

新築後はマンションと同様に

弊社は仙台市宮城野区新田に所在してますが、隣のの新田東地区は
新築マンションが多く建てられています。

マンションは、新築に限らず修繕費などの維持管理費が発生しますが、戸建住宅においても維持管理費が必要です。(徴収されませんが…)
というのは、家は雨・風・雪そして照りつける太陽などにまともに接します。なので家は建て終わったら終了ではなく、10年後・20年後・30年後のサイクルでメンテナンスが必要になります。

お子様の教育費などにお金が掛かるから新築する家のメンテナンス費は最小限に抑えたいですね。
ファイル 60-2.jpg ファイル 60-3.jpg
▲床下の湿気による白ありの食害

ファイル 60-4.jpg ファイル 60-5.jpg
▲高温多湿の気候風土の日本だから
 家の維持費を抑えるために「青森ひば」を使用した家をお勧めし ます。

「青森ひば」を使った家は、メンテナンスを考えると経済的です。

ページ移動