宮城県仙台市の株式会社みずほ工務店は、新築注文住宅・リフォーム等家に関する専門店です。青森ひば(青森ヒバ)の香りで、抗菌・殺菌・シロアリ対策等の効果!

記事一覧

屋根のメンテナンス

5月も半ばになり、そろそろ入梅を迎えるシーズンになりました。
春先のリフォーム現場で屋根を点検する機会が多々ありました。
以前にもお伝えしましたが、屋根は太陽の熱や近年多いゲリラ豪雨などをまともに受けているため、定期的なメンテナンスが求められます。

屋根のメンテナンスといえば「塗装」が主流ですが、塗装にも限界があるように思えます。(個人的な考えですが…)
屋根材の経年劣化による痛みの激しい箇所に塗装で補修することで一時的に雨漏りなどをしのげるかもしれませんが、数年後には同じことの繰り返しになることも考えられます。

最近の屋根メンテナンスにおける工事提案は、塗装以外に既存の屋根に新たにな根材を葺く「カバー工法」をお勧めしています。

ファイル 117-2.jpg ファイル 117-3.jpg
▲ 既存の屋根にかぶせるようなカンジです。

雨漏りの心配のなく、比較的工事も短期間で完了します。

リフォームにも分野があります。

雪が降る景色を眺めながらブログを発信しています。週末に降る雪は子供たちにとっては嬉しいかもしれませんね。

その週末には、多くのリフォームチラシが新聞に折り込まれながら入っています。リフォームには種類が大きく分けて2つあると考えられます。
1つは住宅設備機器(トイレ便器など)の不具合による交換工事。もう1つは二世帯住宅にするなどの改築工事。に分類されます。
工事によっては技量が問われます。特に改築工事の場合家の構造体に関わるところにも触れる場面もあるので要注意です。

ファイル 104-2.jpg
▲リフォームは家の手術です。

お客様が求めるリフォーム工事によって、依頼する業者が異なるかと思われます。本来であれば気心の知れたご自宅を建てていただいた業者様に依頼することが最善なのですが・・・
リフォーム工事にも専門分野があるのでよくご検討の上行動されてください。

リフォーム工事の前に

台風が東北地方(仙台)にも近づいています。ご注意ください。

5月・6月は梅雨時の長雨に備えて、OBのお客様から屋根工事や雨どいの交換工事の依頼がよくあります。

実際に工事に取り掛かる前に現場を確認したのちに『お見積り書』を提出するのが一般的ですが、現場によっては例えば雨漏りの原因や発生箇所などの入念な事前調査が必要で、『お見積り書』の提出前に作業足場を設置して調査を行うこともあります。

ファイル 74-2.jpg
▲見積もり提出前の事前調査のための足場

入念な調査を行わないでリフォーム工事に取り掛かるということは、レントゲン撮影をしないで手術を行うようなものです。
いい加減なリフォーム工事の防止の上でも、どんぶり勘定のお見積りではなく、正確な見積もりの算出をお客様は求めているのではないでしょうか?

リフォーム工事中のお客様の居場所

前回のブログでもお伝えしましたが、室内リフォーム工事中はお客様の居場所がないみたいです。ここで指摘する居場所とは『心の居場所』です。

室内作業の場合は、お客様の生活と同時進行です。初めて会う職人さんにはとても気を使います。改めて作業の段取りの大切さを知りました。

心の居場所として、工事に立ち会うことが大切ですね。

室内のクロス貼り替え工事を依頼されたお客様、工事をご依頼いただき大変ありがとうございました。と同時に大変お疲れ様でした。
改装した我が家でごゆっくりお過ごしください。

リフォーム工事の注意点 ~現場から学ぶ~

リフォーム工事を行う際、施工技術の他に注意をしなければならないところがあります。それは『施工中のお客様への配慮』です。

外壁塗装などの外工事とは別に、内装工事などの室内工事の場合は
どうしてもお客様との生活と同時進行で作業に取り掛からなければなりません。リビングやダイニングなどでの作業は、お客様も職人さんもお互い気を使います。

リフォーム工事は丁寧な作業はもちろんのこと、作業スピードが求められます。そのうえで重要なのは念密なお客様とのお打合せと業者との事前調査です。

職人さんが現場に入る日程など、リフォーム工事は作業日程の段取りがお客様への配慮につながります。

工務店が行うリフォーム

仙台市内は朝夕と一段と寒くなってきました。寒くなると冬支度のリフォーム工事の依頼が多くなってきます。
最近多いリフォーム工事は、床暖房のボイラー交換工事・給湯器の交換・エアコンの取り付けなど寒さ対策の工事です。

工事依頼をされた工事に取り掛かるにあたり、とても重要なことのひとつに「現場の調査」が挙げられます。実際に工事に携わる職人さんと同行して取り付ける場所に何か障害がないか?
例えばエアコンの取り付けであれば、壁を抜く際に柱を支える筋交いがないか?など調査が必要です。

その他、見積もりを作成する際には実際の面積を算出上でも現場の調査は必要です。
容易に出来そうなリフォーム広告チラシを目にしますが、リフォーム工事は念密な調査やお客様との打ち合わせが求められます。
なぜなら、リフォーム工事は「家の手術」だからです。

リフォーム工事は家の手術

ファイル 25-1.jpg

クロスの貼り替えや外壁塗装といった「お化粧直しリフォーム」やシステムキッチンやシステムバスを入れ替えする「交換型リフォーム」などリフォーム工事は様々でが、ちょっとしたリフォーム工事でも念密な事前調査が必要です。

設備機器の収まり具合や、エアコンを取り付ける際の筋交いの位置
などなど、交換するだけだからといって安易に考えず建築専門の工務店にご相談することをお勧めします。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ